フリマサイト(アプリ)はどれを使うのがお得?郵便局からの発送方法で比較

郵便局からの発送方法を比較 フリマサイトから発送
スポンサーリンク

この記事にはプロモーションが含まれています

こんにちは!元郵便局員のぽにさんです。

とある主婦
とある主婦

この服ほとんど着てないけど、着る機会も少なくなったから売ろうかな

とあるママ
とあるママ

遊ばなくなった子供のおもちゃ。捨てるのはもったいないから、売りたいな

まだ使える物。
捨てるのはもったいない。
他に欲しい人がいるかもしれない。
売りたい!!

以前は中古品を売るなら、リサイクルショップなどの店舗に持ち込むのが普通でした。

しかし今はメルカリなどのフリマサイト(フリマアプリ主流です。

自分で売りたい値段を設定して販売できる。
自分で写真やコメントを工夫して売れやすくする。
自分で購入者に感謝を込めて梱包する。

お店を経営しているようで、工夫した分、売れた時の喜びを味わえるのがフリマサイトのいいところです。

フリマサイトの最大手が『メルカリ』です。

しかし、メルカリ以外にもラクマやYahoo!オークション、Yahoo!フリマ・・・・その他多数あります。

とある主婦
とある主婦

どのフリマサイトを使うといいのかな?

結論から言うと、最大手のメルカリがおすすめです。

メルカリ-アプリ

出品する商品やターゲットによって使い分けている人もいます。

この記事では、郵便局から発送した場合の送料に着目し、フリマサイトごとの比較を行なっていきます。

この記事から分かること

・フリマサイト別、郵便局からの発送料金について
・発送する時、郵便局を選ぶメリット
・発送方法の種類について
・おすすめの発送方法について

郵便局から発送するといっても、種類がたくさんあります。

間違った発送方法を選択してしまうと

とある主婦
とある主婦

厚さ超過で戻ってきちゃった

とある会社員
とある会社員

送料が予定より高くなってしまい、利益がほとんどない

そうならないように、ポイントをしっかり押さえてトラブルを避けながら、安全な取引を目指しましょう。

そして送料を抑えて、しっかり利益を出しましょう!

スポンサーリンク

フリマサイト(フリマアプリ)別|郵便局からの送付方法、送料について

フリマサイトのうちメルカリ、ラクマ、Yahoo!オークション、Yahoo!フリマの4社について、郵便局から発送した場合の送料を一覧にしました。

各社設定料金が異なりますので、参考にしてください。

商品名規格一般料金メルカリラクマYahoo!オークションYahoo!フリマ商品別特徴
出品者負担落札者負担匿名配送配達日指定
ゆうパケット厚さ1cm
重さ1kg
250230180180210180×
厚さ2cm
重さ1kg
310
厚さ3cm
重さ1kg
360
ゆうパケット
ポスト
厚さ3cm
重さ2kg
取り扱いなし215175200230175×
ゆうパケット
ポストmini
厚さ3cm
重さ2kg
取り扱いなし160160150180150×
ゆうパケット
プラス
厚さ7cm
重さ2kg
取り扱いなし455380380410380×
ゆうパック
重さ25kgまで
※一般料金とヤフオク(落札者負担)のみ料金変動あり
60サイズ690750700750750750
80サイズ910870800850850850
100サイズ116010701150105010501050
120サイズ141012001350120012301200
140サイズ166014501500140014801400
160サイズ189017001500170017001700
170サイズ222019001500190020301900
レターパック
プラス
厚さ制限なし
重さ4kg
520円取り扱いなし××
レターパック
ライト
厚さ3cm
重さ4kg
370円取り扱いなし××
クリックポスト厚さ3cm
重さ1kg
185円取り扱いなし××
スマートレター厚さ2cm
重さ1kg
180円取り扱いなし××
ゆうメール
※冊子やDVD
の場合
厚さ3cm
重さ1kg
180円〜取り扱いなし××
普通郵便厚さ定めなし
重さ4kg
84円〜取り扱いなし××

商品別の使い分けについては下記のページに記載しています。

ぜひご活用ください。

フリマサイトから発送
スポンサーリンク

どのフリマサイト(フリマアプリ)がおすすめ

前項で各社の発送方法を紹介させていただきました。

送料も異なります。

送料の安さで比較するとラクマがおすすめです。

ほぼ全ての送料で最安値です。

しかし、売れやすさから考えると、利用者数などが圧倒的に多い「メルカリ」がおすすめです。

メルカリ-アプリ

利用者数が多い分、売れる可能性が上がります。

そしてメルカリとラクマのみが取り扱える「ゆうパケットプラス」

厚さ7cmまで送ることができるので非常に便利です。

ゆうパケットプラスの詳細はこちらの記事で確認してください。

メルカリは利用者も多く、メルカリでのみ利用可能な発送方法もあるので、どのフリマサイトを使うか迷ったら、メルカリを選んでいいでしょう。

スポンサーリンク

郵便局から発送するメリット

フリマサイトからの発送は「郵便局」か「クロネコヤマト」どちらかから発送することになります。

送料や規格はそれぞれ違うところがありますが、ここでは郵便局から差し出すメリットをご説明します。

転送サービス

相手が転居していたのに、メルカリなどの住所を変更していなかった場合、旧住所に送った荷物は相手に届きません。

しかし、相手が郵便局で「転居届」を出していた場合、旧住所に送っても新住所に無料で転送してくれます。

店舗が多い

ゆうゆうメルカリ便は全国の郵便局とコンビニ(ローソン・ミニストップ)で差し出すことができます。

郵便局は日中しか開いていない局が多いですが、コンビニは24時間対応しているので、いつでも差し出すことが可能です。

また、ゆうパケットポストを使えば、ポストに投函することもできます。

ただし、コンビニで差し出す時は注意が必要です。

コンビニではサイズを測らず一旦受け付けるため、後で郵便局で測って、規格を超えていた場合、返送になってしまうので、しっかり大きさ、厚さを確認しましょう。

郵便局、コンビニ受け取りが選択できる(メルカリ)

メルカリの場合、受け取り方法を郵便局やコンビニに指定できるため、不在がちな人でも気軽に受け取りが可能です。

受取人の都合に合わせることができるため、便利に利用することが可能です。

発送方法がたくさんある

各フリマサイトで設定できる発送方法のほかに、郵便局の商品も利用できるため、発送方法の幅が広いです。

レターパックやクリックポスト、軽いものは普通郵便や郵便書簡を使うことで非常に安く送ることが可能です。

種類が多いのでこちらのチェックツールを活用してください。

画像をクリックすると、チェックツールのページにジャンプします。

メルカリ発送方法チェックツール
郵便局からのおすすめ発送方法チェックツール

メルカリ、ラクマのおすすめ発送方法

厚さ3cm以下の小さいものであれば圧倒的にゆうパケットポストがおすすめです。

ゆうパケットポストのメリット以下の通り

  • 安い
  • 追跡サービスがついている(届いたか調べられる)
  • プライバシー配送ができる(相手に自分の住所が知られない)
  • 3cmを多少超えても、ポストに入れば大丈夫

通常のゆうパケットは3cmを少しでも超えた場合、引き受けてもらえません。

比べてゆうパケットポストは、ポストに投函できれば大丈夫なので、非常に便利に利用できます。

ゆうパケットポストの詳細についてはこちらの記事を確認してください。

サイズが心配な方は、ゆうパケットのサイズの箱も販売しているので、フリマサイトでよく出品する方は常備しておくと便利です。

ダンボールの愛パック
¥4,895 (2024/02/24 22:18時点 | 楽天市場調べ)

ただし、パンパンに詰めるのはNGです。

ゆうパケットポストはポストに投函できれば大丈夫ですが、ポストに入らない場合はゆうパックを利用してください。

しかし!メルカリを利用した方はゆうパケットプラスがあるのでそちらを活用してください。

まとめ

郵便局で発送する際の方法をご紹介してきましたが、安く、そしてトラブルを避けるための方法をまとめます。

  • 必ず追跡サービスのあるものを利用しましょう
  • 3㎝以内のものは、ゆうパケット(ポスト)を利用する
  • ゆうパケットを利用するときは梱包をしっかり(途中で膨らまないように)
  • 3㎝以上7㎝以下のものはメルカリを利用し、ゆうパケットプラスを選択
  • 匿名配送を選択すれば相手に住所を知られずに安心

以上、たくさんの種類がありますが、工夫しながら、少しでも利益を出せるよう参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました