1年間郵便物の転送可能|引っ越した時、転居届を必ず出そう

国内へ発送
スポンサーリンク

4月は就職や人事異動などで引っ越しをされる方も多い時期です。

引っ越しするときは、アパート決めて役所で転居の手続きをして荷物を運んで、、、、と
さまざまな手続きが必要となり大変ですよね。

が、忘れてしまいそうだけど結構重要なのが、郵便局に出す「転居届」

今回は転居届について出さないとどうなるのかや、書き方について説明していきます。

スポンサーリンク

転居届とは?

転居届とは、旧住所Aに届いた郵便物や荷物を新住所Bに転送するサービスで、転居届を出してから1年間有効になります。

転送になるのは1年間だけなので注意してください。
ずっと転送してくれるサービスではないです。

1年経っても旧住所に届く郵便物があれば、もう一度転居届を出すか、差出人に連絡して新住所に出してもらうように伝えてください。

ずっと転送してくれないの?とよく聞かれますが、すでに新しい住まいに住んでいるのに、差出人(企業等)はそのことを知らないため旧住所宛に郵便物を出している状態です。
その状態をいつまでも継続するわけにはいかないので、差出人(企業等)に新住所を伝えるか手続きを行って、現在の住所に送ってもらうようにしましょう。

その手続きが終わるまでは転居届を毎年出す必要があります。

転送期間が切れてしまうと、旧住所に出した郵便物は「住所不明」で差出人に返送になります。
忘れずに出すようにしましょう。

スポンサーリンク

転居届を出さないとどうなるの?

転居届を出さない場合、どうなるのか二点説明します。

郵便物が転送にならない

役所で転入手続きをしても郵便物が転送になることはありません。
郵便局でも手続きをしましょう。

旧住所が実家であれば転送しなくても問題はあまりないでしょうが、アパートからアパートなどに引っ越す場合だと、必ず転居届を出してください。

二点目が結構重要です!!

新住所に郵便物が届かない

転居届を出さないと、新住所に郵便物が届かない可能性があります。

郵便物をお届けするときは、郵便局の住所録を使って、郵便物に記載されている住所氏名と、住所録の住所氏名を照合し配達しています。

当たり前ですが住所の番地が違っていたり、名前が違っていれば配達しません。

この住所録は、役所の住民票などとは連動していないため、役所の手続きだけでは郵便局の住所録は更新されません。

郵便局の住所録の更新で必要なのが転居届になります。

転居届を出すことで、「ぽにさんアパート201号室にAさんが住んでいる」と郵便局で把握できるので、「ぽにさんアパート201号室Aさん宛」に郵便物をお届けできるようになります。

もし転居届を出していない場合どうなるか

「ぽにさんアパート201号室Aさん宛」に郵便物を出したとしましょう。

確かに現在Aさんはそこに住んでいます。
しかし郵便局の住所録は更新になっていないため、誰も住んでいないことになっています。
もしくは前の居住者のBさんが住んでいることになっています。

これでは郵便物をお届けできません。

この場合、郵便局から「居住確認の手紙」が届きます。

「ぽにさんアパート201号室Aさん宛に郵便物が届いています。居住確認ができていないため郵便物は郵便局でお預かりしております」的な手紙です。

郵便局に免許証など身分証明書と手紙を持っていけば、郵便物を受け取れ、郵便局の住所録も更新されます。

居住確認が取れないため、郵便物が届かないトラブルが多くあるので注意しましょう。

また、出て行く時も転居届を出さないと、しばらく「ぽにさんアパート201号室」にAさんが住んでいることになってしまいます。
このままだと次に住んだ人に(次に住んだ人も転居届を出さない場合)Aさんの郵便物が届いてしまう可能性があります。

転居届を出すことで、Aさんは「ぽにさんアパート201号室→ぽにさんマンション1001号室に転居した」という事実が確認できます。

これでやっと郵便局の住所録の旧住所からAさんが消えて、新住所に名前が移ることになります。

スポンサーリンク

転居届の出し方

こちらが転居届の用紙になります。
郵便局の窓口でもらってください。

今回は2枚目にNHKの住所変更の用紙もセットになっているタイプですが、郵便局の転居届だけの様式もあります。

郵便局によって準備している用紙が異なるので、どちらを渡されるかわかりませんが、どっちでも大丈夫です。

NHKの住所変更が不要の場合は2枚目をポイッしましょう。

左側に記載例がありますので参考にして書きましょう。

上に旧住所、下に新住所になります。
中段は転送したい人の名前を記入します。

旧姓を書くことで、旧姓で届いた郵便物も転送が可能です。

家族全員分なら全員の名前を。
自分だけなら自分の名前を記入し、「上記の転居者以外で旧住所のお住まいになる方の有無・人数」のところに人数を記載します。

一番下に提出者の氏名を記載する欄があるので名前を記載します。

記入が終わったら、郵便局の窓口か近くのポストに出しましょう。

転送が開始になるまで3〜7営業日時間がかかるため、早めに出しましょう。

転居届は重要な書類です。

第三者に勝手に郵便物を転送されたら困ります。
それを防ぐために、窓口に出したときに出した人が誰なのか、免許証などで確認を行います。
旧住所の確認もそこで行います。

旧住所が確認できない場合や、転居届をポストに出したときは、配達員が旧住所に転居の確認に行くことがあります。

確認が取れてから転送が開始になります。

またインターネットでも転居届を出すことができます。

「e転居」で検索すると出てきます。

ゆうびんIDというものを所得してから手続きになるので少し面倒ですが、なかなか窓口に行けない方はぜひ利用してみてください。

まとめ

転居届は、出してから1年間、郵便物を旧住所から新住所に転送してくれるサービスです。

しかし、郵便物を転送するだけでなく、郵便局の住所録を更新するためにも必ず出す必要があります。

転居届を出さなかったため、配達が遅れたり、郵便物が届かないなどのトラブルが出てきます。

郵便物は個人情報の載っている大切な書類です。しっかり手続きを行い、手元に郵便物が届くよう必ず行ってください。

以上、転居届についてまとめさせていただきました。

参考になれば幸いです。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました